読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

6/4ぱすぽ☆フリーワンマン1部@渋谷Mt.RAINIER HALL

 1部のみ参加。野音以来のフライト。接触はぱすぽ☆カフェ以来。
いつものワンマンのおふざけコーナーなしといった感じか。MCも少なめ。


自己紹介テーマ:自分のアピールポイント。さこが地味ゆえに他を引き立たせるキャラを推してきた。
「友達と一緒にいても友達のほうがスカウトされるしー」
あいぽん自己紹介:心が真っ白、ツイッターでつぶやきまくる→さこてぃ「こいつほんとうるさい!」


ライブで特に新しい発見はなかったかなー。いいライブだったとは思うけど。
客層だけど、おまいつも多かった印象。新規6割くらいじゃ?
ただ全体握手いった時は初めましてーと言ってるヲタけっこういた。


下手の最前が終始酷く沸いてた。不快だったなー。でもジャンプしてないだけマシか。
もし1部UST配信あって、あの醜態=パッセン・ぱすぽ☆の現場
みたいに見られてしまうのは勿体無いなと思った。


アンコールで新曲「ViVi夏」初披露。アップテンポでギター強めのオルタナティブロック。
少女飛行以前のストレートでゴリゴリなロック、といった感じではない。
特徴としては今までになかったラップがBメロ、Cメロに入っていたり、
ソロパートが格段に増えたところ。ソロパートはみおがサビ後半のフレーズと大サビのソロを
任されていたりと、印象に残った。

Bメロのラップはなおみん。Cメロのラップはもりしか。
Aメロはもりし中心。さこあいぽんむっしゅもソロパートがあった。
ソロパートの時はそのメンバーがセンターポジションに移動する形だった。

振り付けの感じ変えてきたかと思ったら、今回の振り付けは竹中先生が担当してないみたいで。
曲もたぶん今までの貧図スクワット(=ペンネアラビアータ)ではないんじゃないかと思う。
そうだとしたら新曲は完全にユニバ主導で作ったのかなと。