6/24℃-ute&スマイレージ プレミアムライブ2011春 〜℃&Sコラボレーション大作戦〜

待ちに待った初めてのハロコン。
スマイレージは元々スキちゃんで、
℃-uteも興味あるしこれは行くしかないと。


ステージは楽しみだったんだけど、
不安だったのがハロヲタのノリ。
百戦錬磨で屈強のハロヲタの皆々様がおられる
ハロプロのライブってどうなるんだろうか・・・
戦々恐々でした。

終わってみればその不安はほとんど杞憂に終わった。
ヲタのノリも前後は特に支障ない人だったし
ジャンプジャンプっていうけどみんな飛ぶべきとこで飛んでる
といった感じ。所謂マサイ(ずっとその場で飛び続ける)は
少なかった印象。
ただ推しがMCや挨拶で話す時にずっとマサイやってる
ヤツは何人もいたけど。

MIXがないのは個人的に良い。ピンチケ
おそらくAKB流れであろう人がやってるだけでほぼなし。
ピンチケはスマヲタばっかりって感じかな。


開演前に募金イベ。
スマの4人はありがとうございまーすと流してる感じだったけど
℃-uteを見た時、矢島舞美さんの対応の良さにびっくり。
表情はもちろん、声も常に笑顔。
ちょっとコミュニケーション図ろうとするヲタにもしっかり反応。
テレビで見て伝わってきた「いい人感」は本物だった。
あと愛理顔ちっさすぎ。

ステージは圧巻のハロクオリティといった感じですごい楽しめた。
ダンスと歌。終盤でもぶれない。
℃-uteも人気曲と、自分の好きな最近の曲ばかりで楽しかった。。
スマもそんな感じだったんだけど、もっと見たかったなー。
今度は単独コンいこうと思う。

MCもグダグダっていう感じではなかったかなー。
ほとんどトークの時間なかったし、
さわやかさんの振りがあったり、っていうのもあるけど。
℃-uteなんかはそれぞれにいじられポイントが確立されてるなと感じた。
だからスムーズに乗っかっていけるのかなと。

あとハロって挨拶の言葉とかを1人1人求められると
みんなある程度自分の意見や感想をまとめて話すこと
ができるっていうのも特徴の1つだと思う。
あと最後、ステージを掃ける時のお手振りの時間も
他のアイドルグループでは見ないほど長い時間を
とっていた。5分くらい手振ってたんじゃ?


℃-uteは今回のコンサートでより好きになった。
ダンスと歌が上手いのはもちろんのこと、
それぞれにキャラがあってバランスがいい。
まとまってる。今まで見たことない。


ダンスバトルと称して、それぞれのグループの
曲のリミックス交互に流して、
℃-uteがスマの曲を、スマが℃-uteの曲を踊ったりする
コーナーがあったんだけど、あれ別にいらないかなー。
だったら曲もっとやってほしい。


クイズコーナーでさわやかさんが天の声で出演。
最後まで勝ち残った人が誰かを指名してデュエットをすることに。
名前が同じで虫のモノマネが得意な鈴木香音に完全に
勝ってると宣言した花音が、好きな虫は?と聞かれて
ゴキブリと回答、そのモノマネを披露。
中島さん(?)だったかが花音のやるミッキーマウスのモノマネを
やった後、花音もそれを披露。

勝ち残った舞美がディズニーのパレードの
テンテレテンテテンテレテテテン♪のリズムで喜びを表現。
舞美は花音を選んだ。

ゆうかりんが最後の挨拶の時に
途中まで話すもグダり「やっぱり今の全部ナシで」
と言ってたのかわいかった。多分に推し補正だと思う。


ハロはお決まりのコール・フリをやるとこが多々あり、
それを初めて実際にやる楽しみもあった。
ワク×4(大人になるって〜)とか夢フィフのサビの振りとか。
終盤でのDanceでバコーン!、スキちゃんは高まったー。
アンコールでのシューティングスター、まっさらブルージーンズ
最高だったなー。とにかく全部生ライブは初見だったので
新鮮だったし刺激的で楽しかった。
また行きたい!単独やBouno!や娘。もいってみたい。


セトリはどっかから漁ってまたあげます。というか自分が知りたい。