読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東京女子流 HMVイオンモール成田オープン記念イベント

ライブ前にHMVでCD予約お渡し会があり、
参加する気なかったけど間近で女子流ちゃんたちを
見ていたらもうかわいくてオジサン1枚買っちゃう!
・・・ということで1枚買って参加。


剥がし全くなし。女子流ヲタは紳士が多いので
ちょっと声かけて自分から流れてく方がほとんど。
ぬぬ・・・ふざけにくい状況・・・。

あぁ「ありがとうございまーす」
僕「いえーい!成田男子流でーす!見てるぅー?」
(顔をHMVで配布されたうちわで隠しつつUST配信してるカメラに向かっておちゃらける)
全員「???」
「・・・い、いえーい」
全員「い、いえーい苦笑」
ゆり「顔映っちゃって大丈夫なんですか?」
「うん、だって俺新メンバーだからさ」
誰か「でもうちわでちょっと隠してるんですね笑」
「まぁね笑 あれ、知らなかった?今度の定期ライブでステージに立つの」
ゆり「ちょっと聞いてないですねー笑」
「あーまじかー。じゃその節はまたよろしくおねがいしまーす」
めいゆり「はい苦笑」


まず初っ端で事故りすぎて冷や汗でた泣
いや、まず現場の雰囲気があんなに緩くまったりな感じで
いきなりあんなことやったらそら「???」ってなるわ。
ヲタの方々と女子流に
申し訳ない気持ちでいっぱいになりました。
そして中江さんに窘められる結果となりました。笑
良い経験になりました。



ステージ。ヲタは20人そこそこ。
上手で観覧。

1.Don't Be Cluel
2.鼓動の秘密
3.Limited addiction
4.おんなじキモチ
5.We Will Win

衣装はWWWの衣装。
初めて生であの衣装見たけどかわいい。
こないだの西新井でのイベントでは
人多すぎてほとんどパフォーマンス見れなかったけど
今回はばっちりすぎるくらい見れました。
なので新曲3つはちゃんと見たのは初めてかな。


Limited addictionは振り付け自体はシンプルなものなんだけど
一定の調子が終始続いていく曲調によく合ってる。かっこいい。
リフ時の振り付けは5年後にはもっと艶やかに見えるんだろうな
と想像すると楽しい。

We Will Winは女子流のかわいらしい部分がよく出てる。
曲も初めてフルで聴いたけどキャッチーでポップな聴きやすい歌。
バトポンと呼ばれる、バトンの両端にポンポンが付いてるものを
使ってのパフォーマンスだった。
間奏で床に横になる振り付けがあって視覚的に
おもしろいものになってた。


あいかわらずパフォーマンスはすばらしい。
たまに振りミスあるけどご愛嬌。
東北と関西の実家から東京きてがんばってるんだもの。
表情は見てて飽きない。
庄司さんは本当に楽しそうな顔して踊るし、
小西さんは歌詞に合わせて身振りを加え表情をつける。
新井さんの微笑みにはパフォーマンスへの自信と、
ステージに立つ楽しみとが表れているよう。


ステージ後、CD予約した人には握手もつくとのことで
さっきの傷がまだ痛む中握手会へ。

「今日は覚えてるよ!」
あぁ「?」
「いぃちゃんでしょ?」
あぁ「ちがいます笑 ひーちゃんはこっちです」
「あっれー?いつも間違えちゃうなー。でもア行は合ってるでしょ?」
あ「あぁちゃんです」
「うぅちゃんだっけ?」
あ「あぁちゃんです笑」
「覚えた!またライブいきます」
あ「はい苦笑」

みゆ「ありがとうございます」
「(団扇の親指を入れるくりぬき部分から覗きつつ)あれー?みゆちゃんどこー?」
み「(聞こえず)え?」
「みゆちゃんどこかなー?」
み「あ、ああー」

「(そのネタを続けて)あれーひーちゃんどこかなー?」
ひっと「ここだよー!(くりぬき部分を覗き返してくる)」
「あれこっち?こっちかな?(うちわの上下左右から顔を出し)」
ひ「ここ!こっち!こっち!」

「あれーゆりちゃんどこー?」
ゆ「ここでーす!」
「こっち?こっち?どこ?」
ゆ「笑」

「ライブ熱すぎて文字が溶けちゃったよほら(Tシャツのプリントを指しつつ)
め「あー、本当ですねー」
「おいしそうじゃない?食べる?」
め「はい。・・・なんちゃって笑」
「え?食べないの?アイスみたいでおいしそうじゃん」
め「あーでもほんとアイスみたいですね。アイスも溶け始めが・・・」
「好き嫌いしちゃだめだって!」
め「はあ苦笑」


中学生との接触はテンション上げて適当に遊ぶのが
一番ということが今回のイベントで分かりました。
ぱすぽ以外の緩めの接触イベが久しぶりで、かつノープラン、
事前準備不足であったためお渡し会で大スベリかましたけど
握手会でなんとか形になった(はず)のでまぁ良かった。


定期ライブがなおさら楽しみになったイベントでしたとさ。