読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

9/18 スマイレージコンサートツアー2011秋〜逆襲の超ミニスカート〜

01.タチアガール(全員)
02.オトナになるって難しい!!!(全員)

  • MC1 自己紹介

03.○○ がんばらなくてもええねんで!!(オリメン3人+かななん)
04.女ばかりの日曜日(オリメン3人+かななん)
05.初恋の貴方へ(オリメン3人+めいめい)
06.パン屋さんのアルバイト(オリメン3人+めいめい)

  • MC2 オリメン3人テーマトーク

07.ぁまのじゃく(サブメン4人)ショート版
08.夢見る 15歳(サブメン4人)ショート版

  • MC3 サブメン4人への質問 (影ナレ・さわやか五郎)

<オリメン3人のソロメドレー>
09.学級委員長(憂佳)ショート版
  明日はデートなのに、今すぐ声が聞きたい(花音)ショート版
  スマイル美人(あやちょ)ショート版

10.自転車チリリン(オリメン3人+タケちゃん)

  • MC5 オリメンがサブメンに芸能界を教える

11.シューティング スター(オリメン+めいめい)
12.ショートカット(オリメン3人+りなぷ)
13.踊ろうよ(オリメン3人+りなぷ)
14.恋にBoooingブー!(オリメン+タケちゃん)
15.同じ時給で働く友達の美人ママ(オリメン+タケちゃん)
16.有頂天LOVE(全員)

  • ENCORE

17.スマイル音丼(全員)

  • MC6 感想

18.スキちゃん(全員)


転載なので一応表記について
かななん・・・中西香菜
タケちゃん・・・竹内朱莉
めいめい・・・田村芽実
りなぷー・・・勝田里奈
サブメンが上記4人


スマイレージの単独コンサートは初参加。
佐吉脱退、新メン追加と不安要素はあったものの
かなり楽しめたライブだった。


新曲タチアガール。初見。
サブメン4人が後方でダンサー、オリメン3人が前方
というフォーメーション。
サビのフリが前後違うんだけどこれが楽しい。曲も悪くなかった。

スマイレージはフリが見てて楽しいし、
フリコピするのも楽しいのが特徴的かなと思う。
オトナに〜や夢フィフ、有頂天、パン屋さんとか。
基本そこまでフリコピしないタイプだけど
スマはフリコピしたくなるし、したほうが絶対楽しい。

かにょんが頑張ってたのが印象的。
声がおかしかったけど音程をはずさないのはさすがだなと。
あと、股パカっと開くとこのフリ(同じ自給〜のサビなど)
をしっかり沈み込んでがっつり開いてたり。

バランスとかどうなるんだろうと思ったけど、
オリメン3人+サブメン1人というフォーメンションの時は
思ったほどそこまで違和感なかったし、
オリメン3人+バックダンサーにサブメン4人の時も
こういうのもありかなーといった感じで見れた。

でもさすがにサブメン4人がメドレーでぁまのじゃく夢フィフを
歌ったときはもう別グループの別の曲に聴こえたし、
あの2曲をサブメン4人だけでやらせるのは勿体無いと思った。
ぁまのじゃくなんかは自分にとってアイドルソング全体の中でも
かなり上位に入ってくるほど好きなのでけっこう残念でした。


学園風ドラマコントやMCなんかは
他のグループだったらボロカスに言ってたかもしれないけど
スマの場合メンバーがもう何やってもかわいいし、
それで成立してしまってるのでズルい。
ゆうかりんとあやちょのフォーユー、ユーフォーの掛け合いなんて、
絶対練習してる中でおふざけから偶発的に生まれた台本だろうし、
ゆでたまごと生たまごの下りの後のゆうかりんの「いくぜっ」だったり
スカートめくりしまくるかにょんあやちょだったり、もう全てカワイイ。

保田圭と一緒に写真を撮るシュチエーションをやってみるMC。
これも保田圭を演じるゆうかりんが面白かった。
本当は矢口さんが良かったと言われ突き飛ばされたときの
ゆうかりんのいかんともしがたい表情。カワイイ。

ショートカット最後の「旅したーーーい」の部分、
誰が歌うのかと思ってたけどかにょんが担当していた。
(前までは佐吉)
いつかのハロプロTIME(その時は美女学だったかも)で
この難しい部分を誰が歌うか、みたいなレコーディングの話が
あったのを思い出し、「あぁ、かにょんになったんだなあ」と
感慨深くなった。なんか知らないけど。

踊ろうよ!の間奏で早着替えがあって、袖から戻ってくる時に
思いっきりずっこけるかにょん愛おしい。

スマイル音丼。メロディはお祭りで流れる歌謡曲チックなもので
別におもしろくもなんともない曲だったけど、
こういう曲にしっかりコブシを利かせてくる
かにょんはさすがだなと思った。

有頂天LOVEの「ない!」やオトナに〜の「イエイイエイ!」の
ゆうかりんがかわいくてかわいくて・・・。
この二つ含めキメのとこはカメラに全部やってくれて
クソ席の自分にとってはありがたかった。

最後の挨拶。うp(ピー)キャンペーンを受けて
ゆうかりん「つんく"ピー"(放送禁止音っぽく)に逆襲できたんじゃないかと思います」
かにょん「何度も言ってるのに推し変したり新メンで盛り上がってるのを
見たのでシンデレラレボリューションをもう一回かけさせてください!」


あやちょの笑顔も常に素敵で。かにょんのプロ意識の高さも垣間見れて。
ライブとしての充実度はかなり高め。
カメラワークもよかったと思う。

カワイイ女の子が、良い曲を(生歌で)歌って踊る、
このアイドルのステージとして本来スタンダードであることが
しっかり表されてるのが
スマイレージのコンサートであると思う。
(かわいいかわいくない、曲の好きずきは個人の好みだけど)
今の群雄割拠のアイドルグループの中で
この単純かつ難しいことをやれているグループは
案外少ないのではないかと感じる。
ハロの中でもかわいさに比重を置いているので
棲み分けも出来ていると思う。

不安要素として新メンのことがあるけど、
それに有り余ってオリメン3人のパワーはまだまだ
健在であるし、めいめいのステージでの振る舞いは
今後期待せざるを得ないアイドル性を持ち合わせていた。
スマイレージ、まだまだ注目していきたい。


追記:最後ステージ捌ける時のお手振りタイムでも
めいめいはぴょんぴょんジャンプしてました。