『有頂天音吉(うちょうてんのんきち)』 まとめその4

彩千代の働くカフェーにて。
音吉、喫茶席で一人、彩千代の手帳を声に出して読む。
側でその姿を見守る和装の女給姿の彩千代。(して、今日は胸元が緩くない。)

「 『蝉』和田彩千代

音吉は呑気に 蝉を採って 佐吉に随分と自慢気に 見せびらかす ラヴ憂」

音吉「…素晴らしいにょん。下ネタに逃げない所が何処ぞの三流作家と違って特に」
彩千代「もう一つ作ったんさー」

音吉、一つページを捲る



「『なんともいえぬ』和田彩千代

外をみて思ったこと。

なんともいえぬ。
いえぬなあ。

夏の森林のなかから聞こえる蝉の音が、やけにさみしい。。

夏って感じ

とてもさみしい。蝉君の泣いてるのを聞くと悲しいな。

蝉の気持ちを知らされた私でした。

バイバイ。
八月七日 午前七時五十六分(←去年のこの日付の「あや著」の改変だにょん。)」


音吉「『蝉』よりもこっちの方が断然イイにょん!」
彩千代「そう言って貰えると嬉しいんさー」
音吉「彩千代さん、ところで例の『タチアガール』はどうなったのかにょん?」
彩千代「それはぁー、まだ出来てない。もうちょっと時間が欲しいっ。バイバイ」
音吉「………」
と音吉、仕事に戻る彩千代の後ろ姿を黙って見送る。

音吉は『タチアガール』がどんな作品になるのかやっぱり楽しみだと思った。