読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

10/9 SUPER☆GiRLS 超絶少女2011 〜女子力←パラダイス〜 vol.3

いつぶりかもわからないほどご無沙汰のスパガ現場。
ワンマンライブは初めての参加。


まずスト生の公演。
eストwストどっちかのライブはTIFでも見たのだけど
やっぱりルックスいいなーと。個人的にはスパガより好みかも。
まりやちゃんとか葉月ちゃんとかはもう将来確実に
美人になるなっていう顔立ちをしていて。

アイドルストリートの下位グループ、AKBでいう研修生か、と
見くびっていたけどステージレベルは思いの外高かった。
楽曲悪くないし(もう覚えてないけど)、ダンスに関しても
スパガ本体より勝ってるんでは、とこの時点では思った。
スト生は2曲ではけてスパガがSEにのってステージに立つ。


女子力←パラダイス
キラ・ピュア・POWER!
WAKE UP!〜オンナノコノチカラ〜
Girl's Party〜my friend Jenny〜
NIJIIROスター☆
MAX!乙女心
がんばって青春
みらくるが止まンないっ!


いきなりの女子パラの高揚感が半端じゃなかった。
こういうアイドルのダンス(ディスコ?)ミュージックってライブで
聴いたことなかったから予想以上に高まった。

Girl's Partyはスタンドマイクを用いて3人のメンバーが人形に扮して、
それに他メンが服を合わせたりメイクをしたりするジェスチャーがあり、
印象的な振付だった。
その人形たちが他メンに魔法をかける振りもあったりして
とてもファンタジック。スパガはこういう振付の曲もやるのかと感嘆した。
もう一つの新曲、WAKE UP!もシングルでいけるくらいPOPで良いメロディの曲で。


MC。どんな流れかも忘れたけど、例え話にりかたそ?が歌詞を引き出し、
それを歌ったところで八坂さんが「それ音程はずれてるから」とツッコんだのは笑えた。

ちょうど100回目のイベントだったらしく、青年館のリベンジ公演など
諸々の告知があり、その時にみやりが泣きだす。
「だってみんな静かに聞いてくれてるから…」


良い意味で一杯食わされた感があったライブだった。
生歌・ダンス含めパフォーマンスが予想以上に良かった。
接触系大人数アイドルグループの中では申し分ないレベルだと思う。
スパガの楽曲といえば、
悪く言えば無難なアイドルポップが多い印象があったんだけど、
全盛期の娘。を彷彿とさせるようなノれるダンスミュージック2発は
大きな武器だなと今回のライブを見て思った。



まあこのイベは2部の終演後にブレイズから出てきたうっきーこと佐武宇綺
遭遇したことと、私服のスト生のお見送りができたことが一番の思い出ですかね。