読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

10/22 CONCERT*01 『Limited addiction』 昼夜公演

天王洲銀河劇場にて。セトリは昼夜とも同じ。


鼓動の秘密
Limited addiction
We Will Win
頑張っていつだって信じてる
W.M.A.D
Don't be cruel
きっと忘れない、、、
Liar
Love Like Candy floss
僕の手紙
サヨナラありがとう
Attack Hyper Beat POP
孤独の果て
ヒマワリと星屑
ゆうやけハナビ

アンコール
Limited addiction -Unlimited addiction Mirrorball Royal Mix-
おんなじキモチ
キラリ☆ -Royal Mirrorball Mix-


昼公演は2階下手。夜は1階前方上手。


鼓動はアルバムのMIXverで始まり、
一人ひとりがスポットライトを順に浴びつつ
ダンスしながら出てくる。
最初がめいてぃん。後々のMCで
始めに出るのが緊張してまたお腹が
さわさわした、と言ってた。

昼公演にて。
WWWでみゆのバトポンが途中で分解。
がんばって〜はそのまま続行。
さらにDBCでLa衣装のスカートがはずれて
抑えたり、付け直そうとしたり試みるも
途中ではずし黒の短パン姿で踊る隊長。
その脚が長くてきれいで隊長ばっか見てましたよええ。

きっと忘れない、、、はかなり久しぶりだったので高まった。
女子流の曲の中でも好きな曲なんだけど
あまりやってくれないんだよなあ。

新曲Liar初披露。
歌もダンスも難しい曲だったので
ガタガタかなーと思ってたけど全然そんなことなく。
ダンスは素人の自分が見た感じでは仕上げてきたように見えたし、
歌もAメロBメロのメロディの高低差がある部分は少々不安定だったものの
サビはしっかり歌えていたんじゃないかなと思う。
「約束も 秘密さえも」の部分、高音を中江さんが担当し、
低音のコーラスをあぁちゃんが歌ってた(定かじゃないけど)。
MVでのみゆめいのキス(まがい)シーンも、
フォーメーションの両端から2人が抜け出し、
前方中央に駆け寄ってバッとその形を再現する振付になっていた。
MVのスカートを剥ぎ取って投げるシーンも振付の中に取り入れられており、
みゆのスカートが取れたのはこの仕掛けのせい。
あとおしりをクイっとやる振り、昼はあぁちゃん、
夜は中江さんのおしりばっかり見てましたごめんなさい。


LLCFの前に恒例のペンライト演出講座。
みゆ「ペンライト持ってない人は指を光らせてください」
ゆり「え!?ペンライト持ってない人とか、いるの!?」
ゆり「ペンライト持ってない人は追い出すよ!そんな権限ないけど…」

サヨナラありがとうのアウトロがやたら長く、
舞台も簡素だったし、衣装替えかなと思っていたら
生ドラムのキックが聞こえステージ奥の幕が上がり
バックバンド登場。AHBPイントロでメンバーが
舞台上ついてるようなサーチライトを左右に動かし登場。

この演出めちゃくちゃかっこよかった!
バンド入ると思ってなかったし、
しかも女子流の曲のほぼすべての曲のアレンジを手掛ける
松井寛さんとギターをプレイしてる土方さんがいる!
これは高まらずにはいれないですよそりゃ。
イントロのテレレレレも全部ギターでやってて、その時は
メンバー見ずに土方さんのギターばっか見てた笑

女子流はモコモコのブーツとベスト(みたいなの)に
着替えていた。色はひっとが赤で、みゆゆりが紫?
よく覚えてない。


AHBP終わりで舞台の頭上からハロウィングッズが垂れ下がってくる。
メンバーがそれに気づいて驚いたり、気づいてない(フリをした)メンに
教えたりなどの小芝居を交えつつ身に付ける。
めい→かぼちゃのランタン(女子流はお菓子入れと言っていた)
ゆり→魔女の帽子
ひっと→マント
みゆ→頭につけるベール
あぁ→魔法使いの棒と斧

孤独の果てはブギ、スウィング調の曲で
これまた生演奏が良い味を出していた。
こういう曲調の曲を生演奏で聴いたことがなかったので
これも興奮したなー。ベースラインとかアレンジしててかっこよかった。
ヒマワリのイントロも。


アンコールは女子流Tシャツで登場。
デザインがピンクであることを受けて、
あぁ「男の方でも全然似合いますよ」
あぁ「女子流とお揃いになれるんですよ!?」
ゆり「ピンクのTシャツ着てる男の人、好きだな〜!」
ゆり「男の人でピンク着てる人、かわいいな〜!」

ゆり「(ピンクT着たら)頭なでなでしてあげる」
めい「なでなで会したら?」
ゆり「私のなでなでは高いよ〜!1分何円とか5分何円とか」

おんなじキモチではダンサーが登場。
小さい子と大人合わせて20人だったそう。

バックバンド紹介時、
ゆり「(ベースの人に対し)イケメン!イケメンだなー!」
はける際に一言もらう流れになり、
鼓動の秘密サビの振りをやってみせる松井さん。

夜公演では、おんなじキモチでバックバンドとはお別れとみゆが言うと
観客からえー!との声。
ゆり「そうですよねー 私たちもまだ一緒にいたいですー」
ゆり「(バンドに対し)今日お泊り会しましょっか!」
再びからえー!と声が上がる。この流れおもしろかったけど笑
一言挨拶をもらうことになり、ゆりが「最後ドヤ顔で!」と無茶を言いだす。
ゆり「ひとみが見本見せればいいんだよ!」
ひっと「(ばつが悪い顔をし)失礼になるよーまた謝りにいくことになるよー」


おんなじキモチバックダンサーが帰った後、
ゆり「本当かわいかったー 1人くらい連れて帰ってもバレないかな」

夜公演ではメンバー1人1人が挨拶。
内容は4人とも大体同じで、初のホールコンサートで
かなり緊張していたがステージに立つとファンがたくさん
ペンライトを振ってくれていて安心できた、
このホールコンサートをまた次に活かしたい、
もっと大きなステージに立てるよう努力を重ね
ステップアップしていきたい。
中江さんが、感動で泣きそうだったけど最後まで
笑顔でいようと頑張りましたと言っていて、
あぁちゃんはブログのコメントで勇気をもらいました、
めいてぃんが東京ドームでライブができるように、と
言ってた。


総括。
大満足の内容だった。
昼夜と4時間以上ライブを見た訳だけど
全くそんな時間の長さを感じさせない、良いライブだった。
昼と夜、全体を見渡せる位置と、ステージと近い位置、
両方で見れたのもよかった。
ただ単にオリジナル曲を全曲やるだけか、という懸念もあったけど、
他の定期ライブやイベとの差をしっかりつけてきたし、
生バンドでのステージはすばらしかった。
MCもただ暴走するだけでなく、みゆあぁがある程度のところで
軌道修正できるようになっていて、そのMCもパフォーマンスとの
ギャップで良い緩急になっていたと思う。

パフォーマンスで言えば、あぁちゃんのボーカルの調子がやや悪かったか。
それでも気合の入ったパフォーマンスは伝わってくるものがあった。
あと、毎度のことだけど女子流はこっちが見ていて楽しいパフォーマンスをしてくれる。
なんだろうな、やっぱり踊ってる表情かなと。
特に新井ひとみという子のスター性は群を抜いてるなと今回のライブで思った。
でも普段は瞬足とか履いちゃう普通の子で。もう色々すごい。
夜公演、久しぶりに近くで見ためいてぃんはツルツルでキラキラでした。
LLCFの「ふわり浮かんでく夢のよう〜♪」のとこで中江さんと目が合って
ニコッとされたこと、なんだか今でも覚えてる。