東京女子流 SPECIAL LIVE "TGS Discography" Vol.2

開催日:2012年3月13日(火)
時間:開場 18:15 / 開演 19:00
ライブ会場:横浜BLITZ
横浜ブリッツで、東京女子流が2ndアルバムリリース記念として、全曲パフォーマンスに挑戦!
TGS012=W.M.A.D.からTGS21=追憶、そしてのWe Will Win -ココロのバトンでポ・ポンのポーン☆-を含む全11曲歌唱セットリスト!


W.M.A.D
Limited addiction
Don't Be Cruel
僕の手紙
Regret.
Liar
Rock you!
MC
眩暈
Sparkle
追憶
MC
We Will Win! −ココロのバトンでポ・ポンのポ〜ン☆−



前回の横浜BRITZでのシングルイベントでは
4曲しかやらなかったため
やや消化不良だったが今回は大満足。

5人揃ってがっつり曲数をやる
ライブであればやはり楽しい。


僕の手紙。
普段のライブでなかなかやらない曲のひとつ。
大サビ前にメンバーがワンフレーズずつ
歌いつないでいって最後のフレーズを
全員で歌う所がすごく好きで。
そこの前の部分で中江さんが高いところを
一回ミスしていて。それがあったから
大サビ前大丈夫かなと心配していたけど
なんとかキマって、安堵すると同時に
満足げな表情をする未夢とひとみが
目の前にいてなんだか最高でしたあれは。


Regret.は中野で見た時以来か。
当時の印象としては失恋ソング、出だしの芽生ソロ、
特徴的でフリコピ欲を誘うサビフリ、くらいだったか。
この日聴いてから好きになった。
1サビ2サビ大サビ2回と
繰り返されるひとみ歌いだしのサビメロが心地良い。
バックトラックやギターも良い。


眩暈はバニラビーンズに
もっと歌割があるのかと思ったら
コーラス程度のもので、
その出番もそれほど多いものでは
なかったように思えた。
繰り返し手を前に押し出すような
振りが印象的。

MCでは話が脱線しかけた時に
あぁちゃんが軌道修正したり、
ダンスができなくても
歌とMCで存在感があった。


Sparkle。
パフォーマンスの前に全員マイクを前に置く。
イントロは魔女が薬作る時みたいなフリ。
そこからめいてぃんの馬飛び、
友梨の股くぐり、はたまた芽生のジャンプ。
前転してマイクを取り歌い出す。
振りの大きいものが多く、
またフォーメーション移動も激しい。
女子流のダンスの中では一番
アグレッシブだと思う。
終わった後はみな肩で息してた。


追憶。
個人的にはピンとこなかった。
メロディが頭に入ってこない。
まだ数回しか聴いていないので変わるかもしれない。
イントロが始まると、会場が静寂に包まれて
息を呑むほどの雰囲気だった。
中江さんは歌ってない時に
泣きそうになったと言っていた。


twitterから。
追憶の後のMCであぁちゃんが「もっと練習して上手く歌えると思うので…」と
メンバーを見つつ言った時に敬礼して応えた中江さんキュート
posted at 20:58:38